OQTA HATOが家族の笑顔をつなぐ

OQTAユーザーインタビュー

OQTA HATOにまつわる家族のエピソードを、インタビュー形式で話を伺うコーナー。
今回は、クラウドファウンディングでOQTAを支援してくださったM.Mさん。
「残業続きでなかなか家に帰れないご主人が、奥さんに鳩時計を贈ったお話。」で以前インタビューに応じて頂き(前回の記事はコチラ)、その後のHATOの様子について伺うことにしました。
client

OQTA)最近のMM家のハトはどんな感じですか?

夫)使い始めて1年半近くになりますけど、大きく変わったことはというと、、、以前のように自宅のハトを鳴らした直後に妻からLINEで返信があることがなくなり特別にOQTAが家の中で話題になることが減ってきましたね~。

OQTA)それは意外ですね、どうして何でしょうか???

夫)僕としては変わらずボタンをタップしますし、いい意味でOQTAが日常に溶け込んできた感じがしているんです。

妻)私から返信しなくなった理由の一つに、二人目の子供が産まれて育児がさらに忙しくて、返すタイミングがなかなかないっていうのと、私が携帯を触ってたりすると、上の子供がすごく嫌がるんです。。。

OQTA)なるほどそれはハトへの興味が薄れたというより、生活面での変化が大きいわけですね。

夫)僕自身は以前と変わらず、仕事がひと段落し何気なく携帯を手にした時ハトを鳴らしているのと、帰宅前、妻に「今から帰るね」とLINEでメッセージ送った後にも必ずハトも鳴らすようにしています!

OQTA)LINEと OQTAの二刀流!?、それは何故ですか?

夫)妻には要件を伝える意味でLINEになるんですけど、子供にも「今から帰るよー!」と伝えたくてハトを鳴らすんです。子供たちから忘れられたくないという気持ちが強いのと何より、ハトを鳴らして帰宅すると必ず玄関まで子供が迎えにきてくれるんですよね♪

OQTA)そうやって帰りを待ってくれていたというのがわかるととても嬉しいですよね。

夫)他にも二人目の子供が出来てハトの鳴らし方が変わりました。

OQTA)「ハトの鳴らし方!?」それは気になりますね!

夫)今までは「はるのすけ」と必ず5回タップしていたのが、子供が二人になって、娘の名前「めぐり」と一回で必ず計8回鳴らしているんです。

OQTA)なんて愛情のこもったタップなんですか笑

妻)実はそれが原因で「ハトげんか」を以前したことがあったんです。。。

OQTA)ハトげんか?

妻)ある時から急にハトがたくさんなるもんだから、えっ何で? うるさいって怒ったことがあったんです。理由を聞くと子供の名前の数だけタップしていたということがわかって。。。。

OQTA)なるほど、そういうのも含めて日常にちょっとしたドラマが生まれてるってわけですね。。。。

夫)それと最近改めて気づいたことがあるんですよ!

OQTA)それはなんでしょう?

夫)OQTA HATOの音は平和の音がしますね~

妻)本当にほっこりする。

OQTA)嬉しいですね!そこはOQTAのこだわりの一つですから

夫)僕はいつもハトを鳴らしてばかりで音を殆ど聞いていなくてこんなにも優しい音だっただと改めて気づかされました。誤解なく優しさだけが伝わるのが本当にいいとおもうんですよね、、、、

妻)頑張り切ったときにお疲れさん的になる鳩の音もいい

OQTA)育児を頑張っている奥様への労いのハトも夫婦関係を保つ上でも大切かもです

という感じでまだまだ話が尽きることはなかったのですが、
今回はこの辺で、また一つユーザーのから学ぶこと鳩の深さに気付かされたそんな日でした。
最後にM.MさんからOQTAに向けての激励のメッセージをいただきましたのでそちらで締めくくらせて頂きます。
『大切な家族との毎日に、新しい体験をくれたOQTAには、とても感謝しています。
これからも多くの人に、幸せの「ポッポ」を。
そして、これからも僕は、毎日、息子に引きずり出されているOQTA HATOを、守り続けます(笑)』