OQTA

雲の上にある学校

 

「YouMe school」ってどんなとこにあるの?

 
「OQTA寄付プロジェクト」最初の挑戦である「YouMe school」がどんなところにあるのかについてご説明します。
 
そもそも、ネパールってどんな国かご存知でしょうか?
有名なところで言えば「ヒマラヤ山脈のある国」です。
 
ネパールは、インドと中国の間にある東西に長い国です。
大きさは、九州と北海道と四国を合わせたくらいだから、日本よりも随分小さいです。
緯度は九州〜沖縄くらいなので、結構南にあります。
インドに面する南側の平野は、標高100m以下で気温もけっこう高めです。
反する標高8000m級の山々が連なるヒマラヤ山脈のある北側は、基本1500m以上の山岳地帯が占めています。
 
「YouMe school」があるのは、Khotang(コタン)という郡部。
Khotangは北側の標高1500m以上の場所にあります。
ネパールは基本鉄道などの交通網が発展していないため、首都であるカトマンズから、険しい道を揺られながらジープなどで約10時間かけて行きます。
(雨季は途中でつり橋を渡るために一度車を乗り換えます)
「YouMe school」のある地域は、水路などはなく生活用水は各々購入して使います。
電気も最近やっと一部に通電がスタートしましたが、しょっちゅう停電しています。
通信はまだ2Gがメイン。
 
そんな、ただでさえ「開発が最も難しい」と言われているネパールの山岳地帯に、私たちはOQTAシステムを構築する挑戦をしています。
 
 

>>第0回「OQTA ネパールプロジェクト」

>>第1回「新しい支援のカタチとは?」

>>第3回「はじめての訪問1」

>>第4回「はじめての訪問2」

>>第5回「タナカ」

>>第6回「音を送るということ」

>>第7回「再びコタンへ」

>>第8回「タナカの夢」

>>第9回「変化のはじまり」

>>第10回「ネパールの神様」

>>第11回「What is education?」

>>第12回「Abinash」

  • Instagram